Bitcoin取引の金融庁登録認可に関して【2017/9/28】

<10/4追記>

登録認可事業社の継続審議中17社から、2社増えて、19社になることが確定した。
この中には、証券会社も多数含まれると想定される。

マネーパートナーズ証券のみ、レバレッジ0の現物取引のみで行くことがこの資料から読み取れる。なぜならば、現在FX事業者は仮想通貨事業と証拠金取引の兼業は現在において認められいないためである。

よって、SBIはSBIヴァーチャルカレンシーズ株式会社を子会社として設立し、またGMOクリック証券は、GMOコイン株式会社を設立し、サイバーエージェントはサイバーエージェントビットコイン株式会社を設立した。

2017-10-04 13.58.42

2017-10-04 13.58.50

抜粋:金融庁HP 仮想通貨交換業者登録一覧
http://www.fsa.go.jp/menkyo/menkyoj/kasoutuka.pdf


 

関東財務局及び近畿財務局における登録認可事業社

本日2017年9月29日にBitcoin(ビットコイン)を中心とした仮想通貨交換所に当局より認可がおりました。

第一弾になりますのでおそらく2017年10月31日までに現在継続審議中の残り17社も随時認可されていくでしょう。

認可されたのは以下の11社になります。

①株式会社マネーパートナーズ

②QUOINE株式会社

③株式会社bitFlyer

④ビットバンク株式会社

⑤SBIバーチャル・カレンシーズ株式会社

⑥GMOコイン株式会社

⑦ビットトレード株式会社

⑧BTCボックス株式会社

⑨株式会社ビットポイントジャパン

⑩株式会社フィスコ仮想通貨取引所

⑪テックビューロ株式会社

意外なことにコインチェック(coincheck)が入っていませんでした、受理は既にされているので今回楽に認可されてくると思いましたが・・・

 

和田さんは扱っているコインの数が多いので審査に時間がかかっていると言っていましたが確かにその通りだと思います。

以下URL参照

http://corporate.coincheck.com/2017/09/13/20.html

しかしながら一点だけあげるとしたら資本金の低さが上げられるのかなと思います。

なにせ9200万と今回認可がおりた事業者に比べると圧倒的に低いですからね・・・。

まあ次回の認可ではコインチェックは認可はされると思うので問題ないかと思います。

 

登録番号の順番

これ少し気になりましたね・・・さすがというか有言実行でしたがまだ取引所がないマネーパートナーズが登録番号1番になっていましたね。

奥山さんおめでとう!!以前からマネーパートナーズ社長の奥山さんは絶対一号をとるんだとおっしゃっていましたがその通りになりましたね。

まあ日本仮想通貨事業者協会の理事でもあるので順当といえば順当ですが・・・。

マネーパートナーズはFX事業会社として手数料も業界最安値をうたっているので取引所での手数料がいくらででてくるか楽しみです。

で次にQuoine社がとっているとは思いませんでしたが栢森社長が頑張ったんでしょうね、日本にヘッドクオーター移したのが(シンガポールから)よかったんですかね笑

 

SBIヴァーチャルカレンシーズの取扱通貨について

北尾さんこれまさかでしたが、Bitcoinしか取り扱えないようになっていますよね笑

基軸通貨リップル(XRP)はどうしたんでしょうか、認定を早く通すためにビットコインしか申請しなかったんだと思いますが斎藤社長共々公約を果たしてくれること願っています。


​テックビューロ(zaif)に関して

zaifは少し意外だったんですが近財が認可を出すのはフィスコのみだと思っていましたが認可おりましたね、もちろん10月31日までには認可おりると思っていましたが・・・。

でも認可がおりたタイミングで売り買いできない状態が続いたようでこれ早速業務停止にならないか心配しています。

COMSAの販売も週明け10/2より始まりますしね。


FX証拠金倍率の引き下げ

【日経より引用】
金融庁は外国為替証拠金取引(FX)の証拠金倍率(レバレッジ)を引き下げる検討に入った。現行の最大25倍から10倍程度に下げる案が有力だ。外国為替相場が急変動した際、個人投資家や金融機関が想定を超える損失を抱えるリスクが高まっていると判断した。国内の取引高は約5千兆円に上る一方、FX業者への規制は銀行などに比べ緩い面がある。規制見直しで日本発の市場混乱を防ぐ。

金先協会も知らなかったみたいなので完全に当局リークだと思いますが、これほぼ確定事項のようですね、

これはFX事業者にはかなり大きなインパクトだと思います、個人投資家離れが多分に起きるのではないかと思っています。

でこの投資家が仮想通貨に流れてきそうな気がしています。

この情報が市場に出回るタイミングも仮想通貨事業者の認可という発表と抜群なタイミングできましたしね・・・。

いずれにしても今回金融庁がここまで登録業者をだしてくるとは思いませんでしたがこれで日本の金融庁は仮想通貨を認めたことになります。

この流れが世界中に広まって行くことを期待したいと思います。

カテゴリー:ニュース

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です