ビットコインETFが米国承認の可能性? 【2017/9/25】

先日当研究所でも取り上げましたが、ウインクルボス兄弟が再三に渡ってBicoin ETF(先物ベース)の米国承認を取りに行っていましたが、不透明感が強い状況から明るい兆しが見えてきたようです

 

ビットコインETF、承認のタイミングは?

先週の金曜9/23に承認が通るのではという話がありましたがまだこれは通っていないようです。

ですがアメリカのBitcoin(ビットコイン)に対する法整備も整ってきて、このような派生の商品も出てきていることはいいことかと思います。

アマゾンがBitcoin(ビットコイン)を決済手段に使うとか色々憶測飛んでますが可能性としてはまだないとしてもいつかは有り得ると思います。

今はまだレートが安定していないことや送金速度が遅いなど、実現性は低いですが、このような問題がクリアになればコンシューマー決済に「仮想通貨」という新しい手段が生まれることになります

これらの派生商品のように先物ベースのBitcoin ETFなど様々なものが生まれてくれば1Bitcoin(ビットコイン)/10万USDなんてことも見えて来る可能性も0ではありません。

 

DMM会長もBitcoinに言及

本日DMM.comの会長(取り締まられ役会長)の亀山さんがいいことを言っていましたね。

「今後、ビットコインが社会から認められるモノになるかについては、確信の持てるものではない。ただそれでも、来ないとは言えない未来に投資を続けるのがベンチャー」

さすがですね!!

既にDMMクラウドマイニングファームなども展開していますし、またDMM.com証券の登記場所と同様の住所に仮想通貨みなし事業者の一つである「東京ビットコイン取引所」がありますし年内にDMMが仮想通貨取引所を立ち上げてくるのはほぼ間違いないでしょう・・・。

それにしてもジャパンプレミアムをうたっているDMM.comは電気事業者はどこの国を使うんでしょうね・・・

日本でなんかもちろんやらずにGMO方式をとると思いますが・・・。

GMOが内製方針ならDMMは買収って感じなのかな。いずれにせよDMM.comは10月からスタートって話なので楽しみですね。

 

JPモルガンのCEOが相場操作?!

そういえば、この間のJPモルガンのCEOが相場操作という名目で訴訟起こされたなんてニュースが流れてましたね・・・笑

と同時にまたネガティブ発言かましてましたけど・・・。ポジショントーク炸裂ですね。

日本でも登録制が9月30日から一ヶ月伸びて10月30日までになりましたので少し猶予はでたようですしこれは朗報ですね、ただフィンテック株式会社はビットフライヤーとの訴訟を抱えながら取引所の終了を宣言しましたね。

これは私見ですが盗難総額6300万でが理由というよりは、当局が求めるレベルに業務が追いつかなかったのではないかなと思っています(違っていたらすいません・・・)。

これから取引所が淘汰され、次にホンモノの仮想通貨のみ残っていくという流れになるでしょう。

其の見極めが欲しい方は是非当研究所をご覧になって頂ければと思います。

 

それでは9月最終週、エキサイティングな週になるかと思いますが楽しんで行きましょう!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です