2018年は外せない!「草コイン」投資!

こんにちは!Bitcoin/仮想通貨ラボ(@vmlabo_official)です。

今日は、いま熱い注目を集める草コインの選び方として当ラボの見解を話したいと思います。

 

そもそも草コインってなんぞや?

草コインの名前の由来

草コインとは、そもそも「Shit Coin」と言われる、暗号通貨・仮想通貨を指します。「Shit」というのは非常に汚い言葉のため、日本ではいつの間にか「草コイン」という名前が付きました。

「草コイン」という名前から、だいたい想像がつくかと思いますが、もっとわかりやすく書くと

  • 一般的な注目度が低い
  • 極端に価格が安い
  • そもそも「そのコインが存在する目的が明確でない

こんな仮想通貨(暗号通貨)のことを「草コイン」と総称します。

 

草コイン投資のメリットは?

まずいま現在メジャーコインといわれている、ビットコイン(Bitcoin)をはじめとしたリップル(XRP)やネム(XEM/NEM)などのコインを、草コインとはさすがにもう呼ぶ人はいないでしょう。

草コインとはまだまだこれから大きく跳ねるかもしれないし、吹っ飛ぶかもしれないという投機要素が非常に強い博打コインといっても過言ではありません。

シンプルに「ハイリスク・ハイリターン銘柄=草コイン」ですね。

 

 

どこで買える?草コイン

バイナンス(binance)Bitcoin仮想通貨ラボ.jpg

これら草コインは日本の取引所では今となっては取扱は皆無ですが、中国のバイナンス(Binance)などにいけば(香港の取引所ですが元を正せば、中国の取引所を運営していた人物がまわしています)数多くの草コインが購入できます。

皆さん最近よく聞くトロンやCTRなどもここで取り扱っています。最近は新規口座開設が殺到しているようで、順番待ち(実質は早い者勝ちですが)での開設を受け入れているようです。

興味のある方はこちらから申し込み可能になっていますので是非この際に。

 

【重要】草コインの見極め方

さて当ラボにおける草コインの見極め方について、いくつかあるのですが、最低限これは抑えていないと投資しませんという条件を記載します。

 

1つ目:コミュニティの盛り上がり

まず一つ目ですが、コミュニティがしっかりしていること。これは購入者と発行者とのコミュニティラインがしっかりできている事が上げられます。ミートアップも一つの手段でしょう。これらが全く皆無、例えばツイッターなどのSNSを全く利用していないなどは基本的にはコミュニティラインは弱いといわざるを得ないでしょう。

 

2つ目:強いインフルエンサーの存在

二つ目ですがこれはステージがまだ若い状態(株式会社でいうならシードの段階)であれば嘘でも、要はかなり盛っていてもきれいな導線で情報ラインができていればあがっていきます。

その点に強いインフルエンサーがいれば初期の段階で価格が上がります(これは最近では賛否ありよくない傾向ですが、実際にはこの事実は変えられないでしょう)。

ただしステージがあがってきた場合においてはこの点は気をつけてください、引き続きこのような状況が続くようであれば、早々に利確してしまったほうがいいでしょう。

 

3つ目:発行元チームメンバーのラインナップ

次に三つ目ですが、コインの発行元のチームメンバーです。(さすがにリップル社ほどの人材を集めろとは言いません。)メンバーの顔出しや略歴は最低限必要ですし、そのコインのビジョンを達成するのに意味のあるメンバーがそろっているのかを判断する必要があります。

当ラボにおいてはこの点が最も重要なポイントだと考えています。

 

他にも沢山見るべきポイントはありますが、アーリーステージで最低限これらの条件を満たしていれば一旦は合格と判断します

 

まとめ

アーリーステージにおける草コインの投資判断は下記3点で判断がある程度可能です。

1.コミュニティの盛り上がり
2.強いインフルエンサーの存在
3.発行元チームメンバーのラインナップ

 

ホントに草コインはあっという間にあがっていきます。

もちろん二の矢、三の矢の上げのタイミングでつかむのもありですが、バクチ度は比例してあがっていきます。ただ後発のタイミングでつかむバクチ好きの人はかなりの数いるのも事実です。

2018年の仮想通貨ライフをより充実させるためにも参考していただければと思います。

草コインをはじめるならコチラから→バイナンス(Binance)

 

※上記はすべてあくまで当ラボにおける見解です。参考レベルにしてください。
あくまでも投資判断は個々人の責任です。