大注目!「DMM Bitcoin取引所」は登録必須か?!

こんにちは!Bitcoin/仮想通貨ラボ(@vmlabo_official)です。

今回は新年1発目の国内大型取引所「DMM Bitcoin取引所」のOPENに関する速報&分析です!

 

ついにOPEN!DMM Bitcoin取引所

きたる2018年1月10日にDMM Bitcoin取引所が開設されます。言わずもがなFX事業者でGMOクリック証券としのぎを削ってきたライバル会社の仮想通貨取引専門の会社です。

※GMOは仮想通貨専門会社として、GMOコインを設立しています。

現在は仮想通貨事業とDMM証券の兼業ができない、という規制がありますがいずれ金融庁が認めたころには一本化されることでしょう。

DMMのもう1つの子会社が仕掛ける「コインタップ」

またDMM.comの100%子会社であるネクストカレンシーズの「コインタップ」は今年の春に開設ということなので、どのような形で住み分けするのか楽しみです。

個人的には「DMM Bitcoin取引所」は、メジャーコインをレバ取引できる形で提供し、コインタップには、中国のバイナンスのような位置づけとして草コインをメインで取り扱って欲しいものです。

それができるのは国内ではおそらくDMMグループぐらいでしょう!期待が大きいです。

DMM Bitcoin取引所が開設される影響は?

DMM Bitcoin取引所は1月10日に開設し、翌日の1月11日から口座開設申込みになります。現状、かなりの数が来ることが想定されます。その際に他の取引所はどのような対応をとるのか非常に見物です。

 

vs ビットフライヤー

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

今までビットフライヤーはライトニングなどがあり、ビットコインFXがあることによる優位性を保っていました。ものすごく高いスプレッドにも関わらずです。資金力も大きくCMも早々に打ちマーケティングにコストをかけた結果が、今に繋がっているといえるでしょう。

ではDMM Bitcoinが本格化した場合がどうなるでしょうか?

ビットフライヤーの優位性はほとんど消失すると考えています。

まず資金力については、圧倒的にDMMグループの資金力が高いでしょう。その為、CMなどの広告宣伝は今までの既存プレイヤーの比にならないぐらいかけてくるでしょう。あっという間に「認知度」は追いつくと考えます。

ではスプレッドはどうでしょうか?スプレッドもDMMは確実に業界最低水準で勝負に来るでしょう。後発だということを理解しているときのDMMは圧倒的に強いと考えています。

 

 

vs コインチェック

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

ではコインチェックと比べるとどうでしょうか?コインチェックの優位性はなんといっても取扱コインが多いこと、それとビットフライヤーよりサーバーが強いことの2点があげられます。

またスプレッドはこれまた高いですが、前述のビットフライヤーよりは安いことなどが上げられます。この優位性を保てるかというと、やはりコインチェックも対策を打たざるせを得ない状況になるでしょう。

まず取扱通貨は、メジャーコインの取扱からスタートします。ビットコイン(BTC)、ビットコインキャッシュ(BCH)、ライトコイン(LTC)、リップル(XRP)、ネム(NEM/XEM)などです。

更にこれらのコインでレバレッジ取引が(5倍)できる仕様になっています。これは強い。またビットフライヤーにはなく、コインチェックにあったサーバーの強さ。これもあっさり逆転してくるでしょう。

昨年から取引をしている方であれば、「暴落の日に売買ができない」なんていう悲しい経験は1度や2度ではすまないと思います。すでにこのような状況を見ているDMM Bitcoin取引所が、サーバーをおろそかにするとは思えません。よってこの点も優位性が逆転されます。スプレッドも先ほど申し上げたとおり顧客獲得の為に勝負に来るでしょう。

 

上記の観点も含め、既存の取引所は変わらざるを得ないでしょう。それに加えSBI VCも来ます。もちろんここも勝負に来るでしょう。

(色々と問題があったGMOコインは正直かなり後退したと考えているため、比較の土俵には上げていません。状況が変わればアップデートします)

 

 

2018年、仮想通貨市場の動きは?

さて、2018年の仮想通貨業界はどのようになっていくのか?当ラボは「仮想通貨のデイトレ」がしやすい環境になっていきより活性化され流動的な市場になっていくと考えています。

【2018最新版】仮想通貨の動きを「時間帯別」に分析してみた

またオンライン証券が本格参入される2018年前に仕込んでいた読者の皆さん。

正直勝ちです。このままゴリラ握力でホールドしてれば負けません(と個人的に思っています)。これから大きく市場が変わっていくことを鑑み、国税の方々にも是非税に関する規制をゆる〜くして頂きたいと思っております。

さすがに雑所得の総合課税はヤりすぎ感満載です。

※みなさん、2017年の確定申告はお忘れなく!!!!