大胆予測!!2018年末の主要通貨の価格について

こんにちは!Bitcoin/仮想通貨ラボ(@vmlabo_official)です。

仮想通貨元年の2017年に急激な成長をした「仮想通貨市場」。2018年に変わり、仮想通貨市場は、どのような値動きになっていくのか?気になってる人は非常に多いことでしょう。当ラボへの問い合わせ・質問も急増しています。

そこで今回は、考察をかねて2018年の大胆予想を年始一発目の記事にさせていただきます。

2018年はどんな年に?

2017年は「仮想通貨元年」とも言われ、ビットコイン(BTC)を中心に仮想通貨の認知が一気に広がりました。コインチェックのお笑い芸人出川哲朗さんが出演するCM(通称:出川砲)や、ビットフライヤーなど主要取引所のCMは皆さん一度は観たことあるのではないでしょうか?

そして2018年はさらなる飛躍を控えた年だと考えています。

仮想通貨第2世代の参入

まずビットコイン(BTC)、リップル(XRP)、ネム(XEM/NEM)、ビットコインキャッシュ(BCH)などの仮想通貨第一世代があらかた形になりつつあります。2018年は仮想通貨第二世代が入ってくる年だと考えております。

ブロックチェーン技術の普及が加速

また仮想通貨の基盤技術となるブロックチェーン技術も2017年までにはブロックチェーン1.0(ビットコインなど)から、2018年はブロックチェーン2.0(国際送金や証券決済など)の金融業務に特化したブロックチェーン技術を利用した仮想通貨市場が展開されていくと考えております。そういう意味ではリップル(XRP)は2017年に、非常に良い動きをして2018年に突入できたと考えています。

まずは金融業界での革新を

今後ブロックチェーンの技術は、はじめに金融業務に根付いていくことになります。しかし開発が進み、ブロックチェーン3.0などの世界に入ってきた場合には流通・小売・製造など様々な業界/業種で活用されていくことになるでしょう。2018年はまず金融業界での革新を起こす年だと考えており、その礎を築くのが命題になってくるのではないかと考えています。

各通貨の2018年末における価格予想

2017年はビットコインをはじめ様々な通貨が値上がりを見せました。「では2018年もその傾向は続きますか?」という質問をよく頂きます。

結論からいうと、まだ上がります。

ただし上昇率は、2017年に比べて鈍化するといわざるを得ないでしょう。ただし条件つきです。仮想通貨の種類はいまや1,000種類を超えます。今回言及するのはコインチェック銘柄に絞りった上で考察したいと思います。

※ここからはあくまで考察になりますので、投資の際は自己判断にてよろしくお願いします。

まずはビットコイン(BTC)!

巷では、「ビットコインは弾ける」とか、「2018年末には1ビットコイン1,000万を超える」などと噂されていますね。この点に関しては、正直懐疑的です。

理由はいくつかあります。

1つ目は、現在のビットコインは当初のサトシ・ナカモト氏の思想から大きくかけ離れたものになっており、テストは失敗だと考えているからです。急速に膨れ上がりすぎた価値は送金速度、送金費用などが追いついていない現状です。

そもそもSegwit1Xで現在のビットコインには物理的に絶えることは不可能でしょう。決済手段としてもリアルタイム決済ができない今となっては、各小売・飲食店舗もビットコイン決済から撤退をせざるをえないでしょう。

世界の基軸通貨としてのポジションのみでデジタルゴールド化していく可能性は高いですが流動性という観点ではビットコインでは対応できないというのが当ラボの判断です。

よって決済手段及び送金手段のコインとしてはビットコインの価値は終わり年内には基軸通貨のポジションを明け渡すことになるのではないかと考えております。結果として当ラボにおけるビットコインの2018年の価格は300万で落ち着くのではないかと思っています。

次にビットコインキャッシュ(BCH)!

ではビットコインが基軸通貨から外れた場合、どの通貨が基軸通貨になるのか?という問題も出てきます。これは当ラボにおいてはビットコインキャッシュが基軸通貨になるのではないかと思っています。もちろんリップル(XRP)も可能性は高いですが、決済手段や送金手段を目的とした利用であれば、現状の仕様を加味すると、最も要件を満たすものがビットコインキャッシュと考えられるからです。

よってビットコインキャッシュが基軸通貨になった場合(世界の取引所30%だけでも)2018年の価格は150万をつけると考えています。

2017年に最も躍進したリップル(XRP)!

次にリップル(XRP)ですが、現在日韓における送金テストを実施しており、3月末にはテスト運用が終わり本番が始まります。このテストの成功が条件ではありますが、予定通りに事が運べば更なる上昇が来るかと思っています。

また直近においてはコインベースへの上場など(正直これは上場してみないとなんともいえませんが)銀行業務以外の提携企業の発表などあることから、春頃までには500円~800円はつけるのではないかと考えています。

2018年末には1,000円と読んでいましたが、正直このペースですと5,000円という価格もありえなくはありません。ことリップルに関しては材料が多すぎて、どの材料が価格に織り込まれているのかという判断が難しいのですが、それらを差し引いても仮想通貨第一世代の中では、2018年に最も飛躍する通貨といっても過言ではないでしょう。

2018年はリップルの国際送金の有無を中心に、金融業界を見ていくと業界の構図が俯瞰で見えてくるかと思います。

期待値が高いぞ!ネム(XEM/NEM)

最後にネム(XEM/NEM)ですが、ネムに関してはカタパルト次第と言えるでしょう。ブロックチェーン技術としては、当ラボも最も期待している通貨になりますので早々にカタパルト(ネムの大型アップデート)をして頂きたいところです。

仮に予定通りのカタパルトが実行されると、送金速度はリップル(XRP)の速度を上回ることになり、これまた決済手段としての通貨として一躍躍り出てくることは間違いないでしょう。

※既に決済手段としてはリップルと1位、2位を争うクオリティですので、カタパルト後がどうなるのか非常に楽しみです。

結果としてカタパルト頼みなところもありますが、2018年中には1,500円まではゆうに行くと考えています。

最後に

補足ですがファクトム、この通貨も先々は可能性を大きく秘めているものだと考えています。2018年においてはブロックチェーン2.0の確立になるかと思いますので、ブロックチェーン3.0で躍り出てくるファクトムはまだ少し先になるかと思います。この通貨の本質的なところを理解しているとブロックチェーン3.0とリンクしてきます。

※ファクトムの詳細は2018年中に改めて記事にします

今年は仮想通貨第一世代の飛躍の年です。また仮想通貨第二世代の生き残りの年でもあります。仮想通貨第二世代に関してはバイナンスに上場しているコインが主役をとる、とだけ言っておきます。こちらもいずれ記事にして発信していきたいと思います。

それでは2018年もBitcoin/仮想通貨ラボ(@vmlabo_official)をよろしくお願いいたします!