もうすぐ師走!ビットコイン最新動向まとめ【2017/11/29】

早いもので、2017年も残すところで約1ヶ月となりました。ここ数日で大きな動きを見せる仮想通貨市場の最新動向をビットコイン(Bitcoin)を中心にまとめました。特に12月以降は注意すべきポイントが多いので、ご注意ください。

分裂ラッシュにご注意を!

当ラボでも度々紹介していますが、ビットコインはこれから複数回のハードフォーク(分裂)を控えています。

ビットコイン最新情報!2ヶ月で7回の分裂?!【2017/11/24】

分裂の前後や、新しく誕生するコインが付与されるタイミングで大きく相場が動く可能性があります。大きなレバレッジをかけている方などは特に注意してください。

当ラボの見解としては、特に動きに気をつけていただきたいハードフォークがあります。

それは、2017年12月17日に権利付与が予測される「スーパービットコイン(Super Bitcoin)」です。(早まる可能性は大いにあります)

スーパービットコイン(Super Bitcoin)とは?

誤解を生んでしまったら申し訳ありません。スーパービットコイン(Super Bitcoin)は危険なコインというわけではなく、非常に期待が出来るコインです。今回の分裂ラッシュの中で「スーパービットコイン」が1番良い通貨になると期待しています

理由は下記のとおりです。なんと4つの通貨の良いとこ取りになっています。

  1. イーサリアム(Ethereum)のスマートコントラクト機能
  2. ライトコイン(Litecoin)のライトニングネットワーク
  3. ゼロ知識証明のZcash(ジーキャッシュ)
  4. BitcoinCASH(ビットコインキャッシュ)のビックブロック8MB

上記、機能を搭載するのがスーバービットコインです。ドラクエで言えば、スタート時点で「ロトの装備」が揃っているレベルです。非常に優れたコインと理解していただいて問題ありません。

市場はどう動く?

前述したとおり、スーパービットコイン(Super Bitcoin)の権利が付与されると予測されるのが2017年12月17日です。(また書きますが、早まる可能性は大いにあります)

この直前のタイミングで、ビットコインを中心に仮想通貨の相場が急騰することが予測されます

今度は逆にビットコインが下がり、アルトコインが急騰すると推測されます。付与のタイミングは現在未定ですが、当ラボでも注視していきます。

取引所の認可問題

日本では仮想通貨は通貨として今年の4月に改正資金決済法にて認められました。

その際に既にBitcoin(ビットコイン)を始めとする仮想通貨を取り扱っていた事業会社には一時的に「みなし事業者」として仮免のようなものが与えられています。

以前紹介させていただいたとおり、現在多くの取引所が「みなし事業者」として取引を行っています。2017年11月30日までに認可がおりていなくとも、申請している事業会社は12月以降も引き続き「みなし事業者」として事業を営む事は可能です。ただし当局から「認可は認めません」という判断が当局から裁定された場合は、その取引所は廃業となります

そのため11月30日、12月1日は安易に買いに走らないほうが良いと考えています。

理当局から各取引所への認可が降りるタイミングとなっているため、認可の結果次第では、大きく値が変動する可能性があります。

※「認可」の詳細はコチラの記事をご覧ください。

仮想通貨交換事業者の認可に関して【2017/11/6】

認可が降りない最悪の事態とは?

例えば、仮にCoincheck(コインチェック)の認可が降りなかった場合、コインチェックでしか取り扱っていない、DASH、特に、現時点で当局の仮想通貨のホワイトリストにDASHMoneroZcashは含まれていない模様です。※ホワイトリスト=警戒する必要がない仮想通貨の一覧

わかりやすいようにコインチェックを出しましたが、コインチェックは2017年9月に既に申請受理されているため、廃業に成ることはありません。当ラボとしてもおすすめしていますので、是非利用してください。

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoinどうなる?師走の相場

Bitcoinが100万円を突破し、今現在、多くの方が仮想通貨市場に新規参入していると予測しています。株で有名なCisさんもつい最近Bitcoinを購入されたそうです。https://twitter.com/cissan_9984/status/935676926240231424

サムスンショック等で、市場が伸び悩んでいるのもあり、株メインだった方も、影響を受けて、続々と参戦されていると思います。

そのため、認可騒動用のような極端な値崩れが起これば、まさに蜂の巣をつついたような狼狽売りが引き起こされることは想像にやすいです。

現在、市場は伸びていますが、仮想通貨は”簡単に勝てる”市場ではありません。正確な情報を常に掴んで取引に臨んでいただければと思います。

カテゴリー:通貨情報

タグ: