LISKのベルリンミートアップの答え合わせ!!【2017/11/23】

11月23日AM3時頃(日本時間)からリスクのミートアップがベルリンで行われました。

直前に予想をあげていたのでその答え合わせとミートアップを見ての個人的な感想を記したく思います。

以下直前であげていた記事です。

仮想通貨の最新動向【BTC/BCH/LISK/XRP/ETC】

3】リスク(LISK)

LISKは先日の半減期において、もっと動きが出るかと思いましたが、想定を下回る結果に終わりました。

リスクの今後の予想!!伸びる?伸びない!?【2017/11/15】

振り返ると、その理由はBitcoin(ビットコイン)のように厳密な「半減」ではなかったことが大きかったと考えています

ビットコインは4年に一度「半減期」が訪れ、その名の通り報酬が”半減”します。そのためビットコインの需要と供給のバランスが崩れ、価格があがりました。

一方、LISKは「半減期」といっても、報酬の減り方がビットコインとは異なります。リスクの半減期は毎年あり、今回は報酬の「5Lisk」が「4Lisk」になるというものでした

そのため、見込みよりも需要と供給のバランスが崩れず、値動きが限定的なものになったと分析しています。

そして今晩22日深夜にドイツのベルリンで開催されるリスクのミートアップにて良くも悪くも価格が動くと考えています
「重大発表がある」というこの言葉がどんな内容になるかが重要です

 

↓ここから答え合わせです!!

 

おそらく市場は、この重大発表についてあまり価値を感じていないはずで、ミートアップ直前にて最高値をつけて、その後は値が下がるのでは?と推測しています

>ミートアップ直前では確かに値動きは活発になりました。が最高値を超えることはなくリブランディングの2018年2月20日のアナウンスがされた瞬間に一気にさがり870円を瞬間風速的に付けました

その点においては最高値&ミートアップ直後ということだけ切り取ると敗北です。

ただし2017年12月末には、LISKのアップデートが控えており、このアップデートが
本格的に行われたら、LISKは最高値をさらに更新すると見込んでいます。当然、ミートアップの発表次第では、ミートアップの最中にLISKが最高値を更新する可能性も十分にあります

既にアップデートは織り込み済みの値がついていたので年内という言葉だけでは足りなかったですね。タイトルもロードマップとうたっていましたが明確な日時アップデートで織り込まれる機能をコミットしなければいけませんでしたね。

この点においても敗北です。

 

結果としてはホールドしておけばLISKはあがる要素の強い仮想通貨ではありますが昨日のミートアップにおいては期待はずれでしたね。

それとリップル社などと違い皆まだまだま経験不足感が否めませんでした。マーケティングマネージャーがあれではちょっと駄目ですね、緊張しすぎです。もっとプレゼンの勉強をして再度ミートアップに望んだほうがいいです。

※途中聞き間違いかと思いますが舌打ち!?ってシーンもありましたし・・・・。

資料の準備はしていたのでしょうがプレゼンの準備(何度も喋る)は足りていなかったですね。

若い会社なので期待も込めて今後頑張ってもらいたいものです。

結論。当ラボは売ることなくガッチリホールドでいきます。

 

カテゴリー:ニュース