仮想通貨イーサリアム(ETH)に一体何が?【2017/11/15】

Bitcoin(ビットコイン)に次ぐ流通量を持つ仮想通貨「イーサリアム(ETH)」で多額の通貨が取引できなくなっています。

イーサリアムに一体何が?

なんとイーサリアムの凍結額が51万3744イーサリアム、11月14日午前11時のレート換算で約185億円になることがわかりました。トラブルを起こした英国のシステム会社、パリティー・テクノロジーズがブログで明らかにした。

今回のトラブルは11月上旬に発生した模様。パリティー社が開発した仮想通貨を電子的に保管する「マルチシグ・ウォレット」に、ハッキングの恐れのある重大な不具合(脆弱性)が見つかり、13日までに主に法人客の587のウォレットとその中身のイーサリアムが凍結されている。

パリティー社では、イーサリアム開発者が考案した「EIP156」という仕組みで凍結した通貨を引き出せないか検討しているが、結論を出すまでにあと数日かかるとしている。一方、イーサリアムのユーザーの間では、抜本的な再発防止策として、通貨分裂(ハードフォーク)がおこなわれるのではないかとの予想が出ている。