ハードフォーク前にビットコインキャッシュはどうなる!?【2017/11/13】

二週間弱かけて上昇し続けたビットコインキャシュですが昨日11/12午後15時頃に最高値である31万をつけました。

これは完全に仕手の仕業ですがここでキャッチした方はメダパニ状態に陥ったことでしょう。

およそ30分後ぐらい?ですかね、一気に資金抜かれて23万まで落としその後下落の一途を辿り本日の昼過ぎには11万をつけるに至りました。

久しぶりにこのような大暴騰からの大暴落を見ましたが皆さん大丈夫でしょうか?

 

実はビットコインキャッシュが暴騰する前に一度リップル(XRP)が22円から一瞬18円台後半をつけました。その直後にビットコインキャッシュが21万から一気に25万に暴騰しました。

そして直ぐに21万に戻りリップル(XRP)も21円へと戻りました。

この間およそ15秒程度だったと思います。幸いにもこの時間張り付きでいたのでリップル(XRP)を下がった瞬間にキャッチすることができたので良かったですが。

このように予兆はありました。

当ラボも4万円台前半でキャッシュを大量に保持し31万時点でも保有していましたが、このタイミングにおいて売却には失敗しました。

非常に悔しく思いっています。ですので22万のタイミングで一部を売却し現在DAAに備えている、そのような状況です。

 

ちなみにリップル(XRP)の瞬間下落はその後もう一回だけありました(私の知る限り昨日はこの二回かと)。

これも確か22円ぐらいから一気に17円まで落ち込みその後21円に戻しています。

この間およそ7〜8秒。もはや不可能です、買い増しできませんでした・・・。

このように昨日は非常におかしなことが複数回起きていたのでここで気づくべきでしたね。

 

さて、ビットコインキャッシュのハードフォークですが(というかハードフォークって言葉が正しいのか不明ですが)明けて14日4時頃を予定しています。

正直これは当ラボでも意見がかなり割れましたが、最終的にはビットコインキャッシュはホールド

4時前までは高騰すると判断。

もうここはハッシュレートがまたビットコインが大きくなったとかビットコインキャッシュクラシックはやはり付与されないのでは?とかその辺の情報は割り切って無視しました。

判断基準は原点回帰。このテクノロジーの生みの親であるサトシ・ナカモトのビットコインのあるべき姿により近いと考えるビットコインキャッシュというのみで決定しました(意見が割れすぎたので最後は思い切りです)。

ここまでの上げ相場は当ラボにおいては比較的イージーでしたのでこの数時間が勝負です。

さて吉とでるか、凶とでるか?

また今晩もヒリヒリした夜になりそうです。

 

カテゴリー:ニュース