ICOで109億円?!日本企業最大の資金調達【2017/11/06】

仮想通貨取引所「Zaif(ザイフ)」を運営するテックビューロ社が、仮想通貨技術を使った資金調達(ICO=イニシャル・コイン・オファリング)ICOで約109億円を集めたそうです。

 

109億円の投資元の内訳、使い道は?

この109億円という額は、日本企業のICOとしては最高額。調達資金は同社のICO支援サービス「COMSA」のシステム拡充などに充てる。テックビューロによると「半数近くが海外からの資金」という。

ICOは、企業や団体が「トークン」と呼ばれるデジタル権利証を発行する資金調達手法。出資者はビットコインなどの仮想通貨を払い込み、トークンを得る。トークンで企業の製品やサービスを得ることができ、トークンの値上がり期待から出資する人も多い。

カテゴリー:ニュース

タグ: