Coincheck「SegWit2x」の対応方針について

ビットコイン(Bitcoin)のまた新たな分岐が予測されています。主力取引所であるコインチェックの対応方針について、最新情報をお伝えします。

 

「SegWit2x」によるビットコインの分岐に係る対応方針について

— English sentence is below —

ブロック高494,784(2017年11月15日見込み/目安のため前後の可能性がございます)より、「SegWit2x」に係る分岐が起こる可能性が高くなっております。今回の分岐に対し、コインチェックの対応予定をお知らせいたします。

はじめに

SegWit2xに係る分岐について、現時点ではReplay attack対策が行われるか、また「ビットコイン」「SegWit2x」双方のブロックチェーンの存続等について明らかにされておらず、今後の動向については不透明な面を多く含んでおります。コインチェックではお客様の資産の保護、またサービスの安定した提供を最優先とし、今後の状況の変化に伴い、対応を一部変更とさせていただく可能性もございます。対応内容等について変更を行う場合は当ブログ、またコインチェック公式SNS等にて別途お知らせをいたしますため、ご確認くださいますようお願い申し上げます。

 

また、本告知内では説明の簡略化のため分岐により発生するブロックチェーンを「B2X」、既存のブロックチェーンを「BTC」と呼称しております。この呼称については、コインチェックはどのようなコミュニティ等を支持するか主張するものではなく、複数存在する意見や思想について関与するものではないことをご理解ください。(このため呼称・通貨コードについては変更の可能性がございます。)

参考:https://segwit2x.github.io/

 

対応方針

発生したB2Xは付与を行う予定です。また、B2Xの付与により「レバレッジ取引で保有するBTCショートポジション分」、「信用取引におけるBTC借り入れ分」については同量の返済義務が発生する見込みのため、本記事をご一読の上、ご注意くださいますようお願い申し上げます。

また、以下のような事象が発生し、コインチェックにてお客様の資産の保護が困難と判断される場合やサービスの安定した提供が困難と判断される場合においては、B2Xの付与を行わない可能性がございます。

・Replay attackに対する対策が不十分であると確認された場合
・マイナーが十分に集まらず、ブロックが安定的に生成されない場合
・何らかの脆弱性が発覚しそれに対する対策が行われない場合
・その他、コインチェックにおいてB2Xを付与することが適切ではないと判断した場合

 

付与日時について

コインチェックにてB2Xの安全性・安定性の確認後、付与を予定しておりますので、現時点で付与の日時は未定となります。ご了承くださいますよう、宜しくお願い申し上げます。

 

付与の詳細について

ビットコインとSegWit2xのブロックチェーンにおいて最後の共通のブロックの生成日時の残高をもとに、同量のB2Xを付与いたします。

また、実際の付与はB2Xをその他の通貨に変換し行う可能性がございます。その際の変換レートはコインチェックにて実勢レートを基に判断をさせていただきます。

 

付与数量

・「取引アカウント」で保有するBTCと同量(プラス付与)
・「Coincheck payment(決済)アカウント」で保有するBTCと同量(プラス付与)
・「貸仮想通貨アカウント」で保有中、貸出中、貸出申請中となっているBTCと同量(プラス付与)
レバレッジ取引のロングポジションで保有するBTCポジション数量と同量(プラス付与)
レバレッジ取引のショートポジションで保有するBTCポジション数量と同量(マイナス付与)
・信用取引において借り入れているBTCと同量(マイナス付与)

 

付与例

・「取引アカウント」にて保有BTC資産が1BTCの場合 → +1B2Xを付与
保有する1BTCに対し付与されるため、同量の1B2Xも保有する状態となり、プラス付与となる。

・「Coincheck paymentアカウント」にて保有BTC資産が1BTCの場合 → +1B2Xを付与
保有する1BTCに対し付与されるため、同量の1B2Xも保有する状態となり、プラス付与となる。

・「貸仮想通貨アカウント」にて1BTCを保有中の場合 → +1B2Xを付与
保有する1BTCに対し付与されるため、同量の1B2Xも保有する状態となり、プラス付与となる。

・「貸仮想通貨アカウント」にて1BTCを貸出中の場合 → +1B2Xを付与
貸出中の1BTCに対し付与されるため、同量の1B2Xも貸出中の状態となり、プラス付与となる。

・「貸仮想通貨アカウント」にて1BTCを貸出申請中の場合 → +1B2Xを付与
貸出申請中の1BTCに対し付与されるため、同量の1B2Xも貸出申請中の状態となり、プラス付与となる。

・レバレッジ取引のロングポジション数量が1BTCの場合 → +1B2Xを付与
1BTCの買いに対し付与されるため、同量の1B2Xも買っている状態となり、プラス付与となる。

・レバレッジ取引のショートポジション数量が1BTCの場合 → -1B2Xを付与
1BTCの売りに対し付与されるため、同量の1B2Xも売っている状態(マイナス付与)となり返済義務が発生

・信用取引で1BTC借り入れている場合 → -1B2Xを付与
1BTCの借り入れに対し付与されるため、同量の1B2Xについても借り入れている状態(マイナス付与)となり返済義務が発生

 

返済義務の発生について

以下の場合については、B2Xの付与により「BTCと同量のB2Xの返済義務」が発生いたします。

・レバレッジ取引でBTCショートポジションを保有する場合
・信用取引でBTCを借り入れている場合

・B2Xの返済義務が発生した場合、返済が完了するまでの期間、保有する日本円とCoincheckで取り扱う全ての仮想通貨の出金が不可となります。
・返済時にB2Xの残高が不足している場合、B2X以外の通貨にて返済を行うことがございます。この場合、変換レートはコインチェックにて実勢レートを基に判断をさせていただきます
・B2X返済のタイミングにつきましては、コインチェックにて判断を行い、後日改めてアナウンをいたします。

 

さいごに

このたび「SegWit2x」に係る分岐への対応は、前回お知らせいたしました「Bitcoin Gold」に係る分岐時と対応が異なります。今回の対応は「はじめに」に記載の通りReplay attack対策が行われるか不透明であること、またSegWit2xに係る分岐を推進するコミュニティにおけるこれまでの影響力から、BTCの価格に与える影響が甚大であることを想定し、お客様には可能な限り公正な対応を行うため検討を行ったものとなります。

大変ご迷惑をお掛け致しますが、ご理解ご協力のほど、何卒宜しくお願い申し上げます。またビットコインの分岐に際し、価格が急変動するリスクが高まります。お取引の際は十分ご注意くださいますよう、宜しくお願い申し上げます。

※記載している時間は全て日本時間です。


 

Our policy on the measures we plan to take on the Bitcoin “SegWit2x” hard fork.

 

 

[Please note that the following is an English translation of the original Japanese version, prepared only for the convenience of non-Japanese speakers concerned. In case of any discrepancy between the translation and the Japanese original, the latter shall prevail.]

Original text: https://coincheck.com/blog/4535

 

At block 494,784  (expected to be reached on November 15, 2017), SegWit2x hard fork is highly likely to occur.We would like to let you know what we plan for this fork.

 

Introduction

 

Regarding the SegWit2x hard fork, it has not been announced yet whether Replay attack countermeasures will be implemented and “Bitcoin” and “SegWit2x” will evolve. There are many uncertainties as to how SegWit2x will be implemented. Our utmost priority is to protect our clients’ assets and the stability of our services. Therefore, we may change our planned measures according to the evolution of the situation in the near future. If it’s the case, we will inform the change on this blog, our official SNS, etc. separately. We kindly ask your understanding about this notice.

 

The blockchain that will be generated due to the hard fork is referred to as “B2X” and the existing blockchain is referred to as “BTC”. It should be noted that these designations do not intend to mean which community we support, neither relate to any of the opinions or ideas on this issue. (Therefore, the designation and currency codes may be changed later accordingly.)

Reference:https://segwit2x.github.io/

 

Our planned measures

Our plan is that the B2X generated will be distributed. It is expected that the distribution of B2X may include repayment obligation of the same amounts as “BTC short positions for the leverage transaction” and “BTC loaned by credit transaction.” Please read this article carefully.

 

If the following cases occur and we judge that it is difficult to protect your assets or provide our stable services, we might avoid the distribution of B2X.

 

・ If it is confirmed that the countermeasures against replay attack are not sufficient.
・ If the number of miners is not enough for a stable generation of the blocks.
・ If any vulnerability is found but no countermeasures is taken.
・ If we judged that it is not appropriate to assign B2X for any other reasons.

etc.

 

When we will distribute B2X?

 

The distribution will be done after we confirm the safety and stability of B2X. Therefore, the schedule of the distribution has not been fixed yet. We would like to ask for your understanding.

 

Details of distribution

 

The same amount of B2X will be distributed according to your remaining balance when the last common block shared by Bitcoin and SegWit2x will be generated.

The actual distribution may be carried out by exchanging B2X into another currency. The exchange rate will be determined by us referring to the actual market rate.

 

How much we will distribute?

・The same amount of BTC owned on your “exchange account”. (positive distribution)
・The same amount of BTC owned on your “Coincheck payment account”. (positive distribution)
・The same amount of BTC owned or loaned on your “Coincheck lending account” (positive distribution)
・The same amount of BTC for long leverage position (positive distribution)
・The same amount of BTC for short leverage position (negative distribution)
・The same amount of BTC loaned via credit transaction (negative distribution)

 

Examples

 

・In case you owned 1 BTC on your “Coincheck Exchange Account” → we will credit you 1 B2X.
We will credit you as many B2X as BTC you own. (positive distribution)

 

・ In case you owned 1 BTC on your “Coincheck payment account” → we will credit you 1 B2X.
We will credit you as many B2X as BTC you own. (positive distribution)

 

・・In case you owned 1 BTC on your “Coincheck lending account” → we will credit you 1 B2X.
We will credit you as many B2X as BTC you own. (positive distribution)

 

・In case you loaned 1 BTC on your “Coincheck lending account” → we will credit you 1 B2X.
We will credit you as many B2X as BTC you own. (positive distribution)

 

・In case you applied for loan one of your BTC through your “Coincheck lending account” → we will credit you 1 B2X.
We will credit you as many B2X as BTC you put for loan. (positive distribution)

 

・In case you had a long leverage position of 1 BTC → we will credit you 1 B2X.
We will credit you as many B2X as BTC you bought for your long position. (positive distribution)

 

・In case you had a short leverage position of 1 BTC → we will debit you 1 B2X.
We will debit you as many B2X as BTC you were selling on your short position. (negative distribution and possible repayment obligation)

 

・In case you loaned 1 BTC in credit transaction → we will debit you 1 B2X.
We will debit you as many B2X as BTC you were loaning from us. (negative distribution and possible repayment obligation)

 

Regarding repayment obligation

 

In the following cases, the B2X distribution will include “repayment obligation in B2X equivalent to the amount of BTC owned.” :

 

・In case you have a leverage transaction with BTC short position.
・In case you loaned BTC by credit transaction.

 

・If repayment obligation in B2X occurs, withdrawal in Japanese yen and all cryptocurrencies owned on your Coincheck accounts will be frozen until the repayment is completed.
・If the remaining balance of B2X is not enough for the repayment, it can be repaid in a currency other than B2X. In such a case, the exchange rate will be determined by us referring to the actual market rate.
・The timing of B2X repayment will be determined by us and informed later.

 

Conclusion

 

Our planned measures for the SegWit2x hard fork will be different from the ones taken for the Bitcoin Gold one. As explained in the “Introduction” above, it has not been certain yet whether any measures will be taken for replay attacks. The influence from the community pushing the SegWit2X hard fork is big. Therefore, a large impact on the Bitcoin price is to be expected. Under these circumstances, we would like to take measures that allow us to provide our clients with deals as fair as possible.

 

We will do our best to minimize your inconvenience. Your understanding and cooperation will be much appreciated. Please note that the Bitcoin hard fork will increase the risk of sudden change in price. You must take extra caution when exchanging cryptocurrencies at that moment.

 

* The times described here are all Japan times.