暗号通貨?デジタル通貨?「仮想通貨」ってなに?

「暗号通貨」、「デジタル通貨」、「仮想通貨」、「ビットコイン」など様々な呼び名が存在しますが、
一体何が正しい呼び方なのでしょうか?
今回は仮想通貨の呼び方から、基礎となる知識について紹介します。

 

「仮想通貨」の呼び名はなにが正解なの?

厳密に言うと暗号通貨と仮想通貨は意味合いが異なります


英語にすると、

「暗号通貨」はCrypt Currency
「仮想通貨」はVirtual Currency

 

広義でいくと仮想通貨は皆さんもお使いのSuica、PASMO、Edy、nanacoなどの電子マネーなども含まれます。
そういった意味では本来の意味合いでは「暗号通貨」が正しいと思います。

 

しかし世間では「仮想通貨」で投資などと言われることも多いため、現在においては「ほぼ同義語」と捉えて置いていただいて結構かと思います。
ではビットコインは一体、何になるのでしょうか?

 

最近はビットコイン関連のニュースが増えてきたせいか「ビットコイン=仮想通貨」という印象をお持ちの方が多いようです。
実際には世の中に存在する様々なコインを総称して「仮想通貨」と呼び、ビットコインはその仮想通貨の一つとなります

ただ「仮想通貨」という言葉よりも、マウントゴックスなどの事件でビットコインという言葉が先行したため、ビットコイン=仮想通貨という間違った認識が広まってしまいました。

仮想通貨 Bitcoin

 


 

仮想通貨ってどれくらい種類があるの?

ICOしているコイン、していないコインを合わせると数千種類存在すると言われています。

その中には詐欺コインと言われるものもあり問題なっています。その点は注意が必要です。

 

 


 

ICO(アイ・シー・オー)ってなに?

皆さんIPOという言葉を聞いたことがあるかと思います。これは株式会社が新規で上場刷る際に使われる言葉ですが、仮想通貨にも同様の概念が存在します。 仮想通貨の場合はこの事をIPOとよばずICOと言います。

正式名称は「イニシャル・コイン・オファリング」と言います。 ビットコインなどはこの類になり、一般的にコインチェックなどの取引所で取り扱われているコインを指し、上場したコインは暴騰することがよく有ります

 


 

仮想通貨ってどんなものがあるの?

ビットコインは仮想通貨の王様と言われており、非中央集権型のコインになります。
他の通貨はアルトコインと言われていますが、その中でも代表的な通貨はリップル(XRP)、ネム(XEM)、イーサリアム(ETH)などがあります。


リップル ripple XRP

他にもライトコイン(LTC)やファクトム(FCT)、ビットコインから分裂したビットコインキャッシュ(BCH)などもあります。
全ての仮想通貨には特徴がありそれらを理解する事も非常に楽しいことだと思います。

 


 

仮想通貨の王様と呼ばれるビットコインの特徴は?

※ここでは難しいテクノロジーの話はせずに概略だけにとどめます。

①発行枚数に上限あり。上限は2100万BTC

ただしこれも分裂などの影響で上限が上る可能性もありますが、確定事項ではないので割愛します。 上限が存在するということは金融引締めや緩和などの施策を打ち通貨の価値のコントロールをすることが難しいということです

非中央集権型のコインであるが故ですが、コインの価値があがっていけば際限なく上がっていきます。 以前、2020年の東京オリンピックまでにはBTCは20万ぐらいまでいくというコメント出されている方もいましたが2017年9月現在において既に50万を突破しています。

 

②送金手数料/時間が大幅に改善。

銀行間での送金は通常数百円かかり、銀行の業務時間外であれば送金しても着金は翌日というのがいまでも続いています。 この点がBTC間であればいつでもどこでも安くBTCを相手に送ることができます。飲み会なんかで割り勘した際に私もよく使います。

 

③携帯性の高さ。

お金を持ち歩かなくても例えばビックカメラやコジマ、メガネスーパーなどでは既にBTCで買い物ができるようになっています。これは私のようにカードで買い物をする人間にとっては非常にありがたく使える店の更なる普及を願っています。

 

簡単にいうとBTCの特徴はこのようになりますが、なぜ値上がりするのか?この点は推測になりますので記載は控えておきます。
というよりかは分かっていれば私は今頃すごい事になっていますが・・・・。

 

▽Bitcoin情報

Bitcoin取引に関する金融庁の登録認可に関して【2017/10/4】

 


 

仮想通貨ってみんなどこで買ってるの?

仮想通貨の売買は、「取引所」というところがあり国内だけでも買えるところはそれなりにあります(今後はオンライン証券などが本格参入してきますのでもっと増えますが)。

大きなところで言えばビットフライヤー
テレビCMなども行っており、比較的認知度は高い取引所です。

他にはコインチェックや最近ですとzaifなどがありますね。

▽1番メジャーなCoincheck(コインチェック)

コインチェック coincheck
 

もちろん他にも取引所は沢山ありますが、初めて仮想通貨をやりますという方はコインチェックをお薦めします。また既にFXなどの取引等を行っている方は私はzaif、ビットフライヤー等を進めます。

 


 

ではどうやって買うの?安全??

 

これは先程説明した取引所にて口座を開設する必要があります。

仮想通貨取引の口座開設は証券口座と違い、とても簡易に開設できます。大きな違いはマイナンバーの有無ですがこれがありません。これは参入するにあたり大きな障壁になります。

例えばコインチェックなどですが、

1.まずはユーザー登録をします。

2.その後スマホで本人確認できる(免許証など)ものを写真でとりファイルアップロード

以上です。

(もちろん住所や氏名など最低限必要な情報は記入する必要あります。)

その後本人確認取れ次第ハガキが届きそれにて口座の開設になります。

後は必要なお金を口座に入れて好きな通貨を買うだけで、仮想通貨取引ライフが始まります!

コインチェックのはじめ方【マニュアル】

GMOコインの口座の作り方


 

カテゴリー:入門編

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です