リップルの前にモナコイン大暴騰!その時、zaifは? ミクシイ参入の可能性は?【2017/10/12】

本日モナコインが一気に大暴騰しました。

80円から一気に350円まで吹き上がりました。

久々の大暴騰通貨ということもあってちょっとしたお祭り騒ぎになっていましたね。

日本の取引所ではzaifとビットフライヤーで上場していますが、ビットフライヤーに上場した時点でかなり注意深く見られていましたね・・・。

今回の暴騰はかなり出来高を持っている投資家がかなりの額を突っ込んだようでその影響がフックになっている要因の一つとしてまず間違いないでしょう。

モナコイン持っていた方と今日お会いしましたが外資系の投資銀行の方ですがかんりの枚数もっていたので終始ニンマリ顔でした 笑

私が今回注目したの取引所のzaifです。

少しきつい表現お許しください・・・・。

前回COMSAの件があったにもかかわらずまたもや繋がりづらい状態に陥りました。

COMSAのときはまだ仕方ないとしても取引所としてこれはありえません、報告するレベルのものだと思いますが近財(近畿財務局)の方、認可申請zaifに甘くないですか?

これちょうど350円まであがりきったタイミングで起きていたので私は(アプリ上ですが)次ログインできたときには200円まで下がっていました・・・。

もちろんまだ生まれたてのビジネスですので厳しい声では?

ということもわかります、ですがCOMSAの件から一体どれほどの期間がたったのでしょうか。

続けざまに結構やりすぎでは笑?と思うのは私だけでしょうか。

今回かなりお怒りになられた方も多々いたのではないでしょうか。

少し問題提起させて頂きたく思いコメント致します。

とは言えzaifトークン、COMSA、モナコインといい、扱う通貨に関してはさすがの一言です。

よりよい取引所になっていくことを期待しています。

 

さて、ここから話を変えて前向きな考察を・・・・

 

もしかしてミクシイ仮想通貨事業参入します?

 

というのも日本仮想通貨事業者協会で最近このような動きがありました。

      

 

ここの協会員にミクシイが最近加入しました。

言わずもがなここの協会はマネーパートナーズを筆頭に各オンライン証券会社や証券業務、または金融業務に携わるシステム会社などしか加入していない協会になります。

ここにミクシイが入ってきたので違和感を感じ少し調べてみました。

ミクシイの今期着地予想は売上2000億円、営業利益890億円というハイパフォーマンスです。

そこにくわえしばらく見ないうちに2016年3月時点で既に資本金が約97億円になっていました。

この資本金は中々見かけませんよね、金融業務を行う(証券業務なども)企業は40億円以上は積んできますがゲーム会社でこの金額初めてみました。

DMM.comは資本金1000万ですが、DMM.com証券は資本金98億円です。

本協会の理事長である奥山氏が仕切っているマネーパートナーズは資本金31億円という数字を見てもいかにミクシイが高い数字なのかがわかりますよね。

ミクシイが本協会の会員になっていなければ特に私のアンテナにかかることはなかったのですが少し気になります。

もし参入するとしたらゲーム関連なんかしらのトークンを発行してくるのではないかと踏んでいます。

いずれにせよまだ協会に参加したばかりなので様子見ですが近々ミクシイの方に会ってきたいと思います。

まさか19社の継続審議の中に既に入っていたりして・・・そしたら面白いですね〜(^o^)

カテゴリー:分析・考察

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です